MILITARIA1911

DEU-O001-036
DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036 DEU-O001-036

DEU-O001-036

実物 武装親衛隊 機甲科 下士官上下セット 陸軍型からの改造品 徽章後付け

武装親衛隊の機甲科下士官の上下セットのご紹介です。上下とも実物で、徽章類も実物が縫い付けられています。このセットは非常にユニークな背景があります。元々この制服を当時着用していた兵士は陸軍に所属していた戦車兵でした。しかし武装親衛隊へ転属になったため、元々陸軍型だったジャケットを改造し武装親衛隊型に変更したそうです。背面は通常親衛隊のものは一枚布ですが、このジャケットは陸軍型の特徴である二枚布で仕立てられております。戦後捕虜となった時に、徽章は全て剥がさしたそうでご遺族が陸軍の徽章をつけて保管されていたため胸には陸軍のアドラーが縫い付けられていた跡があります。そのため、ご遺族から放出されたあとに別のコレクターの手によって親衛隊下士官のパイピングが施されたレアな徽章が縫い付けられています。ウールは非常に薄く摩耗しており所々地が出ております。虫食いはあまり見られませんが、実際に使用されたものですので汚れなどが写真で追いきれない範囲で存在しております。全体的に使用感のある状態であり、状態はあまりよくないというのが適切かと思います。また、完璧な武装親衛隊型ではないため完璧な品物を希望される方には向かない品物です。こちらの商品は実物商品の返品条件に当てはまりますのでお手元に届いてからご満足いただけない場合は一定期間返品、返金対応いたします。追加の写真、ご質問はご購入前にお問い合わせくださいませ。できるだけ迅速に対応いたします。是非コレクションに加えていただきたい逸品です。

US38/US32程度

在庫状態 : 売り切れ

¥1,320,000(税込)
只今お取扱い出来ません

写真に写っていない箇所のご質問、詳細のサイズ、追加の写真をお求めの方はメールフォームからご連絡ください。できるだけ早く追加いたします。下記ご質問などもメールフォームからお願いいたします。
>商品お問合せ用 メールフォームはこちら

PICK UP TITLE